元気JB河口湖B第1戦

weblogo.gif




Copyright GREENFIELD2009 All Rights Reserved

皆さん、こんにちは。エースメーカーフィールドミーティングスタッフの荻野元気です。

6月24日(木)にJB河口湖Bに出場して、5本で6100g。2位になることが出来ました。

その時の釣り方や状況をご紹介します。

「フィールドの状況」
 前日に雨が降り、各インレットでは若干ニゴリが残ったものの、当日の天気は晴れ。風は微風でサイト日和でした。

バスのコンディションはポスト~アフター

ここ1ヵ月でウィードが急速に成長して、バスは勿論、エビ等のベイトもウィードに集まり始めていました。

「エリア」
エリアの絞り込みは、アフターのバスが付きやすい、

水通しが良くウィードが成長しており、さらにベイトの多いエリア
を選択。

具体的には、
信号下~漕艇場の水深1~4メートル
鵜ノ島東の航路側の張り出し~鵜ノ島東の航路側の保安ブイ周辺1~4メートルです。

「釣り方」
信号下~漕艇場では
オールサイトでギリギリ見える深さにあるウィードを見ていき、バスを見つけたらASS1-UL61にポークの元気はぜのダウンショット1/16ozで狙い、400~600グラムのバスを3匹釣りました。

その後は、鵜ノ島東に移動。
ウィードや溶岩の張り出しに、エビやゴリを捕食しにやって来るバスをサイトしながら探してきました。

すると

ウィードでお食事中の50アップを発見!

 ボトムを気にしながらウィードに出たり入ったりしていたので、
バスの進行方向の先に
ASS1-UL61
ポークの元気はぜのダウンショット1/8oz(リーダー10センチ、マス針)をキャスト。

 シンカーをボトムに付けて、1点でウィードに絡めながら弱いシェイクをしました。

 バスがポークに気づきゆっくりと寄ってきたと思ったら、一瞬でスピードを上げてウィードに突っ込みながらバイト。
バスの重みを感じたので、ゆっくりとラインを巻きながら、重みをロッドに乗せてフッキングしました。ウィードの奥に潜ろうとするバスを「ASS1-UL61」のバットパワーで引き出して無事にランディング。
50アップの2キロオーバーでした。

 風が吹いてからは、ブラインドで溶岩の尾根とウィードが絡んでいるところを近距離で丁寧に探っていきました。
 ブラインドで狙っている為、ブルーギルのバイトが多かったので、マス針を使用していましたが、オフセットフックに変えて対応しました。その結果、400~800グラムのバスを数匹釣り、11時頃で4キロ後半。

 その後は、バイトが遠のいたのでアクションを変えてみました。
タックルも「CTS-L61(プロト)」に元気はぜのダウンショット1/8oz(リーダー10センチ、オフセットフック)に変更。
 ウィードに引っ掛けて外しを繰り返してリアクションで狙いました。
何ヵ所かウィードパッチを周って行くとようやくバイト。ウィードに絡みながら上がってきたのは、またしても50アップ、2キロオーバーのバスでした。

「結果」
 5匹で6100グラム。順位は2位でしたが、河口湖でのトーナメント中に50センチオーバーの2キロアップをASS1-UL61と「CTS-L61(プロト)」を効果的に使い分けて2匹も釣り上げることが出来たことは、大きな自信につながりました。
残り3戦は優勝出来るよう頑張ります。
kawaguchiB1.JPG
近年、琵琶湖並のウェイトが続出している河口湖。
都心から1時間ちょいで、このサイズが狙って釣れるのは、魅力的です。